【Story1】マルシェのヒントはお客さんに教えてもらう?〈前編〉

「太陽のマルシェ」(中央区勝どき)で出会った、夏秋葡萄(NATSUAKI BUDAWA)、WINE PRODUCERの秋元久夫さんです。

ORCHIDS Stories(オーキッズ・ストーリーズ)では、環境保全型農業の六次産業化・農商工連携を応援する目的で、ファーマーズ・マーケット(以下、「マルシェ」)の人気商品・ファーマーをご紹介しています。【Story1】は、9月13日(日)に「太陽のマルシェ」(中央区勝どき)で出会った、夏秋葡萄(NATSUAKI BUDAWA)、WINE PRODUCERの秋元久夫さんです。〈前編〉・〈後編〉に分けてお送りします。

ORCHIDS Storiesは、メルマガ「ORCHIDS Newsletter」(無料)でもお届けしています。


こんな商品をつくっています

秋元さんは、ワインの名産地、山梨の勝沼で、自家栽培のブドウを用いてワインをつくっている。いわば、工業製品の色彩が強い量産品とは一線を画す、オリジナルの、ハンドメイド・ワインだ。今回、秋元さんが紹介してくれたのは、数あるワインの中でも最も売れ筋という、下記の2つのワインだ。順に紹介する。

 

一つ目は、「2014 樽熟成 カベルネ ソービニヨン」。山梨の特定の畑でできる、質のいいブドウだけをつかってつくっていることが、その特徴だ。栽培している地にワイナリーがなく一般にはほとんど知られていないが、いわば”隠れたワイン用ブドウ”であり、「これから有名になっていくだろう。」と秋元さん。”有名になる”前に、一足先にこちらでこの希少なワインをいただけるのは、何とも贅沢な経験である。



「2014 樽熟成 カベルネ ソービニヨン(2800円)(写真中央)香りが華やかで、後口はかなり余韻がある。

「2014 樽熟成 カベルネ ソービニヨン」(2800円)(写真中央)香りが華やかで、後口はかなり余韻がある。



二つ目は、「2014 鳥居平 甲州」。こちらは、その名の通り、鳥居平(とりいびら)という土地でとれるブドウをつかったワインだ。一般にはあまり馴染みのない地名だが、ワインの名産地である勝沼の中でも、一番いいブドウがとれるといわれている場所だ。昼夜の寒暖差があるなど、その土地特有の環境も手伝い、水分が少なく凝縮した小粒のブドウができる。このため、食べてもおいしく、もちろんワインにしてもおいしいブドウとなる。その貴重さゆえに昔から単価は高いが、ワインの生産者ならば誰もが欲しがるようなものだそうだ。これを全て手作業で進めていくというのだから、手間暇のかかった、名実ともに貴重なワインであることは疑いようがない。

ちなみに、ラベルのデザインにもなっているキツネは、鳥居平に出現すると言われていることからこれに決めたそうだ。「まだ見たことがないけど、かわいかったので。」と秋元さん。鳥居平の風景と、秋元さんの遊び心が同時に感じられる逸品となっている。



「2014 鳥居平 甲州」(2500円)(写真中央)鳥居平に出現すると言われているキツネが描かれている。

「2014 鳥居平 甲州」(2500円)(写真中央)鳥居平に出現すると言われているキツネが描かれている。



ここをお客さんに喜んでもらっています

このように、”ここにしかない”ハンドメイド・ワインを、生産者である秋元さんと直接話をしながら飲めるのが、最大の魅力だ。同時に、ポテンシャルが高く、実力十分なワインのラインナップがあるのも、ファンを引き付けてやまない理由なのだろう。今回の出店でも、気が付けばキッチンカーがさながらバーのようになり、中にはその場で4杯、5杯と時間を忘れて飲む人もいるほどだ。秋元さん自身も、「お客さんと直接話せるのが一番楽しい。」と、忙しく駆け回る中でも、その笑顔が印象的だった。



夏秋葡萄(NATSUAKI BUDAWA)、WINE PRODUCERの秋元久夫さん。「デパートやスーパーにはない、自分にしかつくれないワインを用意しているので、ぜひ一度遊びにきてください。」

夏秋葡萄(NATSUAKI BUDAWA)、WINE PRODUCERの秋元久夫さん。「デパートやスーパーにはない、自分にしかつくれないワインを用意しているので、ぜひ一度遊びにきてください。」



ファーマーへのお問合せ・出店情報などはこちら。

夏秋葡萄(NATSUAKI BUDAWA)

http://budawa.jp/

 

Facebook: 「秋元 久夫



〈後編〉へ続く


大見謝 恵(Orchids Omisha株式会社 代表取締役)

1987年生まれ、デロイト トーマツ(経営コンサルタント)→個人投資家→Orchids Omisha㍿(オーキッズ・オオミシャ)を創業。『harmony and happiness』をビジョンに、環境保全型農業向け六次産業化・農商工連携コンサルティング、環境保全型農業向けPR戦略立案・実行支援、Jimdoを使用したWebサイトの制作・運用等を、全国各地で行っている。好きな言葉は、「人の行く裏に道あり花の山」。趣味は、自然派日本酒と、自然食。


マルシェ情報


Orchids Omisha 株式会社

http://www.orchids-omisha.com