【Story3】マルシェでは、"非効率"が実は効率的?〈前編〉

「東京朝市・アースデイマーケット」(代々木公園けやき並木)で出会った、遠野咲農園(とおのさくのうえん)の小野寺奈津美さん

ORCHIDS Stories(オーキッズ・ストーリーズ)では、環境保全型農業の六次産業化・農商工連携を応援する目的で、ファーマーズ・マーケット(以下、「マルシェ」)の人気商品・ファーマーをご紹介しています。【Story3】は、9月26日(土)に「東京朝市・アースデイマーケット」(代々木公園けやき並木)で出会った、遠野咲農園(とおのさくのうえん)の小野寺奈津美さんです。〈前編〉・〈後編〉に分けてお送りします。

ORCHIDS Storiesは、メルマガ「ORCHIDS Newsletter」(無料)でもお届けしています。


こんな商品をつくっています

遠野咲農園さんは、岩手県遠野市で、ミニトマトを中心とした農作物をつくっている。盆地特有の寒暖差、空気、そしてミネラル分がたっぷりの湧水が、おいしく健康的な農作物が育つのに適している。小野寺奈津美さんは新規就農で山梨から岩手に移住し、研修などを経てご主人(小野寺良治さん)とお二人で農業を始めたという、”つわもの”だ。

 

遠野咲農園さんの自慢の商品は、プレミアムミニトマトジュースの、「遠野『咲』」と「遠野『凛』」だ。無農薬、無添加(無加糖・無塩)、最高の完熟状態で収穫される、完全数量限定生産のミニトマト100%ジュース(遠野産アイコ)だ。それだけでも贅沢なジュースであることは疑いようがないが、その具体的な取組みを聞けば、誰もが驚くにちがいない。



「遠野『咲』」(720ml:2500円/180ml:625円 )、「遠野『凛』」(720ml:2000円/180ml:500円)筆者は「遠野『凛』」をいただいた。トマトジュースは昔から塩っぽく野菜臭くて苦手だったが、初めてこれならおいしい!と思った。



まず、収穫は1名(奈津美さん)が固定で行うという徹底ぶりだ。何人かでいっせいに収穫した方が作業効率は高そうだが、あえてそうしない。完熟度合の見極めに細心の注意を払い、人によるばらつきを防ぐためだ。次に、樹上で完熟したミニトマトの中でも、とりわけ最高の完熟状態にあるものだけを収穫する。そのため、一般には約1000kgが収穫可能とされるところ、”遠野咲農園基準”ではその半分以下の250~300kgしか収穫できない(約300本栽培の場合)。さらに、ハウス2棟で大切に管理しており、必然とできる本数に限りがある。まさに、真に”プレミアム”たるゆえんだろう。「お客様に安心して飲んでいただける、最高品質のものを」という遠野咲農園さんの思いが、掛け声だけでは終わらないのがお分かりいただけるはずだ。

 

「遠野『咲』」と「遠野『凛』」のちがいは、収穫時期のちがいだ。「遠野『咲』」は、ミニトマトに最も甘さがのる8月に限定して収穫している。実際、糖度でいえば、「遠野『咲』」で例年11~12度、「遠野『凛』」でも10~11度と、フルーツ顔負けの、まるでハチミツのような甘さだ。



遠野咲農園

わかりやすい写真とともに、こだわりの強さを感じる。



ここをお客さんに喜んでもらっています

トマトジュースでありながら爽やか、フルーティ、そして何よりも最高の品質が喜ばれ、お中元、お歳暮などの贈答用に選ばれている。考えてもみていただきたい。贈答用の品を選ぶのに、”間違いのないもの”を選びたいというのは、誰もが望むところだろう。そのニーズに応えているというのが、何よりの品質の証明ではないか。「ミニトマトは同じ列のものでも全くちがうんです。この赤さでいい味になるのかと、胃がキリキリしながらやっています。」という奈津美さんのコメントからも、いかにミニトマトが大切に育てられているかがうかがえる。「遠野『咲』」と「遠野『凛』」に、リピーターが多いのも頷ける。



遠野咲農園の小野寺奈津美さん。「無添加のミニトマトジュースは素材がすべてです。『ごまかし』のきかない商品だからこそ、農家としての本質が問われると考えております。お客様に最高のものを届けたい、その一心で作り上げたこだわりの味を是非ご賞味下さい。」



ファーマーへのお問合せ・出店情報などはこちら。

遠野咲農園

http://tono-sakunoen.com/index.html



〈後編〉へ続く


大見謝 恵(Orchids Omisha株式会社 代表取締役)

1987年生まれ、デロイト トーマツ(経営コンサルタント)→個人投資家→Orchids Omisha㍿(オーキッズ・オオミシャ)を創業。『harmony and happiness』をビジョンに、環境保全型農業向け六次産業化・農商工連携コンサルティング、環境保全型農業向けPR戦略立案・実行支援、Jimdoを使用したWebサイトの制作・運用等を、全国各地で行っている。好きな言葉は、「人の行く裏に道あり花の山」。趣味は、自然派日本酒と、自然食。



Orchids Omisha 株式会社

http://www.orchids-omisha.com