【Story7】マルシェでは、"神は細部に宿る"が鍵?〈後編〉

「Farmer’s Market @ UNU」(渋谷区神宮前)で出会った、DAUGHTER BOUTIQUE(ドーター ブティック)、代表、ウェルネスフード研究家の堀川久美子さん。

ORCHIDS Stories(オーキッズ・ストーリーズ)では、環境保全型農業の六次産業化・農商工連携を応援する目的で、ファーマーズ・マーケット(以下、「マルシェ」)の人気商品・ファーマーをご紹介しています。【Story7】は、10月11日(日)にFarmer’s Market @ UNU」(渋谷区神宮前)で出会った、DAUGHTER BOUTIQUE(ドーター ブティック)、代表、ウェルネスフード研究家の堀川久美子さんです。〈前編〉〈後編〉に分けてお送りします。

ORCHIDS Storiesは、メルマガ「ORCHIDS Newsletter」(無料)でもお届けしています。

 


こんなことを心がけています

堀川さんに、マルシェに出店する上で工夫していることや、心がけていることを伺うと、意外な答えが返ってきた。それは、”かわいい”を最も大事にしているということだ。”いいもの”なのに、”心がときめくような垢抜けたデザインが少ない”と感じていたという、堀川さん自身の経験がきっかけになっているそうだ。堀川さんいわく、「”からだにいい”のは当り前なんです。おいしくて、”かわいい”ということを大事にして、そこから広げていきたいと思っています。」ということだった。同時に、「押し付けるのではなく、気づいてもらいたいんです。」とおっしゃった、堀川さんの真っすぐな眼差しが、印象的だった。



DAUGHTER BOUTIQUE(ドーター ブティック)、代表、ウェルネスフード研究家の堀川久美子さん。お店の様子。大人はもちろん、子どもも、興味津々だ。

お店の様子。大人はもちろん、子どもも、興味津々だ。



マフィンは、カップが”かわいい”ので、研究を重ねて商品化した、という側面もあるそうだ。実際、DAUGHTER BOUTIQUEさんのマフィンのカップは、スウェーデンから取り寄せた、こだわりのカップを使用している。もちろん、包装にブランドのシールを貼るなどして、ブランドに統一感をもたせるための、細部への配慮も怠らない。このように、テーマを明確にして、それに沿った施策を展開することで、伝えたいメッセージの輪郭がより明確になるといえるのではないだろうか。



DAUGHTER BOUTIQUE(ドーター ブティック)。見ているだけで飽きない、商品の陳列の様子。

見ているだけで飽きない、商品の陳列の様子。

DAUGHTER BOUTIQUE(ドーター ブティック)。見ているだけで飽きない、商品の陳列の様子。

オリジナルの雑貨を取り揃えて、”かわいい”を具現化している。

DAUGHTER BOUTIQUE(ドーター ブティック)。「あずきクリスプ」小豆だけを、60tの圧力で1秒間焼き上げたという変わり種もある。

「あずきクリスプ」小豆だけを、60tの圧力で1秒間焼き上げたという変わり種もある。




ORCHIDS Stories' メモ

いかがだっただろうか。マルシェに出店する目的はそれぞれであり、成果や手法に正解はないと思っている。そんな中で、ORCHIDS Storiesが、マルシェに出店中の方、出店を検討中の方を問わず、何かの参考になれば幸いだ。ぜひ”楽しい”機会となることを願っている。最後に、今回のインタビューを経て、筆者のメモを残しておく。

 

  1. 伝えたいメッセージを明確にする

  2. お客さんの感性に訴える

  3. 細部への配慮を怠らない



「Farmer’s Market @ UNU」(渋谷区神宮前)で出会った、DAUGHTER BOUTIQUE(ドーター ブティック)、代表、ウェルネスフード研究家の堀川久美子さん。「”しっとり”、”もっちり”としたマフィンを、とにかく食べてみてください。」

DAUGHTER BOUTIQUE(ドーター ブティック)、代表、ウェルネスフード研究家の堀川久美子さん。「”しっとり”、”もっちり”としたマフィンを、とにかく食べてみてください。」



ファーマーへのお問合せ・出店情報などはこちら。

DAUGHTER BOUTIQUE

http://daughter-boutique.com

 

ブログ: http://ameblo.jp/daughter-boutique

Facebook: https://www.facebook.com/daughterboutiquemuffin



【Story7】おわり


大見謝 恵(Orchids Omisha株式会社 代表取締役)

1987年生まれ、デロイト トーマツ(経営コンサルタント)→個人投資家→Orchids Omisha㍿(オーキッズ・オオミシャ)を創業。『harmony and happiness』をビジョンに、環境保全型農業向け六次産業化・農商工連携コンサルティング、環境保全型農業向けPR戦略立案・実行支援、Jimdoを使用したWebサイトの制作・運用等を、全国各地で行っている。好きな言葉は、「人の行く裏に道あり花の山」。趣味は、自然派日本酒と、自然食。


マルシェ情報


Orchids Omisha 株式会社

http://www.orchids-omisha.com