【Story10】マルシェでは、”おもてなし”は、してもし過ぎることはない?〈前編〉

浮島ガーデン、フードデザイン/トレジャーハンター/南西諸島食文化継承委員会の中曽根直子さん

ORCHIDS Stories(オーキッズ・ストーリーズ)では、環境保全型農業の六次産業化・農商工連携を応援する目的で、ファーマーズ・マーケット(以下、「マルシェ」)の人気商品・ファーマーをご紹介しています。【Story10】は、10月17日(土)に「東京ベジフードフェスタ2015」(代々木公園けやき並木)で出会った、浮島ガーデン、フードデザイン/トレジャーハンター南西諸島食文化継承委員会の中曽根直子さんです。〈前編〉・〈後編〉に分けてお送りします。

ORCHIDS Storiesは、メルマガ「ORCHIDS Newsletter」(無料)でもお届けしています。


こんな商品をつくっています

浮島ガーデンさんは、沖縄県那覇市で、無農薬の島やさい料理と、自然派ワインを提供するレストラン「浮島ガーデン」を運営している。築60年の古民家とその庭を再生して生まれたレストランでは、マクロビオティックを取り入れた料理の数々を、イタリアン、フレンチ、アジアンなどの様々なスタイルで提供している。

 

今回ご紹介いただいたのは、レストランの人気メニューを、味と品質をそのままに商品化した「ベジタコライス」(レトルト食品)だ。お肉の代わりには島豆腐が使われており、「12のスゴイ」(写真2枚目の説明書き参照 )に示された特徴は、他の追随を許さない徹底ぶりだ。「ベジタコライス」は、「ベジタコライス」(スタンダード)と「黒いベジタコライス」の2種類がある。



浮島ガーデン。「ベジタコライス」と「黒いベジタコライス」

「ベジタコライス」と「黒いベジタコライス」



「黒いベジタコライス」が”黒い”理由は、麻炭のためだ。麻炭とは、麻の茎を炭にしたもので、備長炭の4倍、竹炭の1.6倍多孔質(細かい穴がたくさんある)のため、体内の有害物質や化学物質を吸着するなど、デトックス効果に優れている。浮島ガーデンさんでは、鳥取県智頭町(ちづちょう)産の、自然栽培された麻からできた麻炭を使っている。

中曽根さんは、「麻は、(紙や生地をはじめ)これまでも日本人とともにあったもので、これからも日本人とともにあるものと思っています。今回の取組みを最初の一歩として、麻を復活させていきたいです。」と、その意気込みを語ってくれた。同時に、「地元の農産物が”きちんと”生産されない限り、海や地域は綺麗になりません。”食”から、環境を変えていきたいと思っています。」というお話もいただいた。実際、タバコやさとうきびの栽培には大量の農薬が投入されるなど、綺麗なイメージの沖縄の海と言えども、汚染の危機とは無縁ではないという。こうした信念のもとに、中曽根さんは今日も、「知られざる宝物のような野菜」や「現地の人しか知らない野菜」を発掘するべく、奔走している。



浮島ガーデン。ベジタコライス。

01. あたため不要(あたためてもおいしいです)/02. 動物性不使用(ビーガン/ベジタリアン対応)03. 化学調味料不使用04. 食品添加物なし05. 遺伝子組換えなし06. 無農薬無化学肥料・無添加醸造の醤油使用07. 無農薬無化学肥料・無添加醸造の味噌使用08. 無農薬無化学肥料・無添加醸造の玄米酢使用09. 低温圧搾・九州産菜種油使用10.「粟国の塩」使用11. 沖縄県産無農薬無化学肥料の野菜使用12. 常温保存で賞味1年(製造日から)(「12のスゴイ」より)



ここをお客さんに喜んでもらっています

”全てがビーガン”(しかも、メニューの8割が穀物だ。)という安心感はもちろん、何といっても、ホスピタリティが喜ばれているという。浮島ガーデンさんでは、スタッフの教育を特に重視、徹底しており、スタッフ同士で目的をしっかりと共有した上で、お客さんの対応にあたっているという。実際、お客さんからは、スタッフのもてなしについて、本当によく褒められるのだそうだ。中曽根さんが、「スタッフを信頼しています!」と、繰り返し力強くおっしゃったのが、印象的だった。



浮島ガーデン、フードデザイン/トレジャーハンター/南西諸島食文化継承委員会の中曽根直子さん(写真右)「沖縄の天と地の恵をそのままいただけるので、そのエネルギーをぜひ感じてみてください。」

浮島ガーデン、フードデザイン/トレジャーハンター南西諸島食文化継承委員会の中曽根直子さん(写真右)。「沖縄の天と地の恵をそのままいただけるので、そのエネルギーをぜひ感じてみてください。



ファーマーへのお問合せ・出店情報などはこちら。

浮島ガーデン

http://ukishima-garden.com



〈後編〉へ続く


大見謝 恵(Orchids Omisha株式会社 代表取締役)

1987年生まれ、デロイト トーマツ(経営コンサルタント)→投資→現在。  会社を離れ、みんなで食卓を囲むことの、ありがたさ・大切さを改めて実感。【食】のもつポテンシャルに魅了され、関連分野を中心に投資をしている。また自身の体調不良をきっかけに(今は元気!)、”ナチュラルな食事”に興味をもつ。現在、ナチュラルな食事をもっと手軽に楽しめる世界を目指し、志を同じくする事業者の方を対象にサポートを行っている。  好きな言葉は、「常識はそれほど常識ではない」(by ボルテール)で、”まず自分の頭で考える”ことを大切にしている。趣味はヨガで、パワーヨガ系のバプティスト パワーヴィンヤサヨガがお気に入り。


➤ ORCHIDS Salonでは、ナチュラルな食事をもっと手軽に楽しんでほしいという志をお持ちの事業者の方を対象に、「商品開発」、「販売促進」、「実地研修、「パートナー@東京などのテーマで、サポートを行っています。詳細は、ORCHIDS Salonをご覧ください。

➤ “ナチュラル”、“オーガニック”、“自然栽培”などをテーマにした、マルシェに関する情報をご紹介しています。詳細は、マルシェ情報アーカイブをご覧ください。




Orchids Omisha 株式会社

http://www.orchids-omisha.com