【Story11】マルシェでは、”世界に一つだけの花”を咲かせよう?〈前編〉

「Vege&Fork Market」(神奈川県川崎市麻生区)で出会った、あられ本舗おもやの、高橋重光さんです。

ORCHIDS Stories(オーキッズ・ストーリーズ)では、環境保全型農業の六次産業化・農商工連携を応援する目的で、ファーマーズ・マーケット(以下、「マルシェ」)の人気商品・ファーマーをご紹介しています。【Story11】は、11月7日(土)に「Vege&Fork Market(神奈川県川崎市麻生区)で出会った、あられ本舗おもやの、高橋重光さんです。〈前編〉・〈後編〉に分けてお送りします。

ORCHIDS Storiesは、メルマガ「ORCHIDS Newsletter」(無料)でもお届けしています。


こんな商品をつくっています

あられ本舗おもやさんは、新潟県胎内(たいない)市で、もち米の「こがねもち」の栽培と、それを使った食品の製造・販売を行っている。「こがねもち」は、もち米の最高級ブランドで、餅にした際にコシ(粘りのある食感なのに歯ごたえが良い)があるのが特徴だ。今回ご紹介いただいたのは、胎内市産の「こがねもち」を、贅沢にも100%使用した「田舎あられ」(おかきのうち小粒なもの・揚げあられ)だ。

 

「田舎あられ」は、化学調味料等は添加せず、飯豊(いいで)連峰を源とする良質の自然水「どっこん水」を使用している。作り方は、伸ばした餅を5mm角にカットし、新潟の一番寒い(1〜5度)季節に、1〜2ヶ月間、網の上に並べて毎日かき混ぜながら、自然乾燥させる。



「Vege&Fork Market」(神奈川県川崎市麻生区)で出会った、あられ本舗おもやの、高橋重光さんです。「田舎あられ」思わず、手を伸ばしたくなってしまう。

「田舎あられ」思わず、手を伸ばしたくなってしまう。



この過程を経ることによって、仕上がりに”芯が残らない”、”割れにくくなる”、”味のコクにつながる”など、ようやく満足のいく商品が完成する。一つひとつの作業は比較的シンプルだが、全体として非常に手間ひまが掛かっていると言えよう。「田舎あられ」は、季節限定夏季は販売していない)・数量限定で販売されており、それ自体も商品の魅力の一つになっている。高橋さんは、「昔は、稲を撚(よ)ったところに、一個ずつ餅を括り付けて、家の中に吊るして乾燥させました。子どものころは、それがおやつだったんですよ。」と懐かしそうに教えてくれた。

ちなみに、定番商品は「のり」と「ごま」ということだが、最近は「枝まめ」が売れ筋だそうだ。枝豆は、食味が抜群とされる「湯あがり娘」という品種を、7月の一番おいしい時期に収穫したもの使っている。この他にも、同じく自家製「こがねもち」100%でつくった、笹団子、おはぎ、赤飯など、どれも魅力的な商品が並んでいた。



「Vege&Fork Market」(神奈川県川崎市麻生区)で出会った、あられ本舗おもや。新潟名物「笹団子」(砂糖大根使用・化学調味料等無添加)手で挟んで強めに転がすのが、笹からうまく剥がすコツだそうだ。

新潟名物「笹団子」(砂糖大根使用・化学調味料等無添加)手で挟んで強めに転がすのが、笹からうまく剥がすコツだそうだ。

「Vege&Fork Market」(神奈川県川崎市麻生区)で出会った、あられ本舗おもや。「栗入り赤飯」(化学調味料等無添加)県産小豆、天然塩、ごま、県産栗を使用。おばあちゃんが、昔ながらの”独特の作り方”でつくっているという。

「栗入り赤飯」(化学調味料等無添加)県産小豆、天然塩、ごま、県産栗を使用。おばあちゃんが、昔ながらの”独特の作り方”でつくっているという。

「Vege&Fork Market」の会場の様子。テントを持参する人もいるなど、来場者は思い思いの時間を過ごしている。

「Vege&Fork Market」の会場の様子。テントを持参する人もいるなど、来場者は思い思いの時間を過ごしている。




ここをお客さんに喜んでもらっています

お客さんからは、昔ながらの製法でつくられていることに驚かれ、喜ばれているという。というのも、市販品では、”もち米”からではなく、”もち米を粉にしたもの”からつくられた製品も少なくなく、食味を損ねる原因になっているからだ。良い原材料を使用し、自然に逆らわず、むしろ自然の力を借りてつくられた「田舎あられ」は、誰もが納得のおいしさということなのだろう。”いいもの”を喜んでくれる人は、必ずいるのだ。



「Vege&Fork Market」(神奈川県川崎市麻生区)で出会った、あられ本舗おもやの、高橋重光さん(写真左)と弟さん(同右)。「ぜひ一度食べてみてくださいね。」

あられ本舗おもやの、高橋重光さん(写真左)と弟さん(同右)。「ぜひ一度食べてみてくださいね。



ファーマーへのお問合せ・出店情報などはこちら。

あられ本舗 おもや

新潟県胎内市築地2139

Tel: 0254-45-3019



〈後編〉へ続く


大見謝 恵(Orchids Omisha株式会社 代表取締役)

1987年生まれ、デロイト トーマツ(経営コンサルタント)→投資→現在。  会社を離れ、みんなで食卓を囲むことの、ありがたさ・大切さを改めて実感。【食】のもつポテンシャルに魅了され、関連分野を中心に投資をしている。また自身の体調不良をきっかけに(今は元気!)、”ナチュラルな食事”に興味をもつ。現在、ナチュラルな食事をもっと手軽に楽しめる世界を目指し、志を同じくする事業者の方を対象にサポートを行っている。  好きな言葉は、「常識はそれほど常識ではない」(by ボルテール)で、”まず自分の頭で考える”ことを大切にしている。趣味はヨガで、パワーヨガ系のバプティスト パワーヴィンヤサヨガがお気に入り。


➤ ORCHIDS Salonでは、ナチュラルな食事をもっと手軽に楽しんでほしいという志をお持ちの事業者の方を対象に、「商品開発」、「販売促進」、「実地研修、「パートナー@東京などのテーマで、サポートを行っています。詳細は、ORCHIDS Salonをご覧ください。

➤ “ナチュラル”、“オーガニック”、“自然栽培”などをテーマにした、マルシェに関する情報をご紹介しています。詳細は、マルシェ情報アーカイブをご覧ください。




Orchids Omisha 株式会社

http://www.orchids-omisha.com