【Story14】マルシェでは、アンバサダーもお客さん?〈後編〉

有限会社ブレーントラスト、代表・料理家の小野美穂さん、相談役・アートディレクターの大瀧政喜さんです。ベジドレは野菜が大好きになる魔法のドレッシングです。

ORCHIDS Stories(オーキッズ・ストーリーズ)では、環境保全型農業の六次産業化・農商工連携を応援する目的で、ファーマーズ・マーケット(以下、「マルシェ」)の人気商品・ファーマーをご紹介しています。【Story14】は、12月12日(土)に「太陽のマルシェ」(中央区勝どき)で出会った、有限会社ブレーントラスト、代表・料理家の小野美穂さん、食品企画開発プロデューサーの大瀧政喜さんです。〈前編〉〈後編〉に分けてお送りします。

ORCHIDS Storiesは、メルマガ「ORCHIDS Newsletter」(無料)でもお届けしています。


こんなことを心がけています

普段は百貨店で販売することが多いというブレーントラストさんだが、販売する上で心がけているのは、“お客さんに自ら選んでもらう”ということだ。というのも、小野さん自身が、いわゆる押売りが苦手で、お客さんには自らの意思で、商品を手に取って、選んでほしいからだという。実際、長い目で見れば、その方が後々の“リピート”にもつながるなど、良い循環が生まれるように感じているということだ。

 

ちなみに、ブレーントラストさんについて特筆すべきは、有名スーパーをはじめとする全国の販売店(販売網)と、小野さんの自著『食べる 野菜生ドレッシング おかずレシピ 』(ファミマ・ドット・コム)を有しているということだ。

有限会社ブレーントラスト、代表・料理家の小野美穂さん。ベジドレは野菜が大好きになる魔法のドレッシング。お店の様子。いろいろな味を試したい人たちで行列ができ、商品があっという間にはけていく。

お店の様子。いろいろな味を試したい人たちで行列ができ、商品が飛ぶように売れていく。

前者は、百貨店の催事でバイヤーに、後者は、小野さんのブログを見ていたという記者に、声を掛けてもったのがきっかけだそうだ。まずは、催事に出店をしたり、情報発信をするなどの具体的なアクションが必要なのは言うまでもないが、次に考えるべきは、“どうすればしかるべき人(お客さん、バイヤー、メディアなど)の目に留まるのか”ということだろう。それは、商品かもしれないし、パッケージかもしれないし、接客かもしれないし、あるいは他の何かに工夫が必要なのかもしれない。いずれにしても、自分たちにとっての“お客さん”が誰なのかは、考えてみる価値があることではないだろうか。

有限会社ブレーントラスト、代表・料理家の小野美穂さん、相談役・アートディレクターの大瀧政喜さん。ベジドレは野菜が大好きになる魔法のドレッシング。小野さんの自著『食べる 野菜生ドレッシング おかずレシピ 』(ファミマ・ドット・コム)」お肉やお魚を使った、サラダ以外のレシピもたくさん載っている。

小野さんの自著『食べる 野菜生ドレッシング おかずレシピ 』(ファミマ・ドット・コム)」お肉やお魚を使った、サラダ以外のレシピもたくさん載っている。

ORCHIDS Stories' メモ

いかがだっただろうか。マルシェに出店する目的はそれぞれであり、成果や手法に正解はないと思っている。そんな中で、ORCHIDS Storiesが、マルシェに出店中の方、出店を検討中の方を問わず、何かの参考になれば幸いだ。ぜひ”楽しい”機会となることを願っている。最後に、今回のインタビューを経て、筆者のメモを残しておく。

 

  1. お客さんが自ら選びたくなるような、場づくりをする
  2. 宣伝活動や情報発信を積極的に行う
  3. ターゲットを定める(“お客さん”は誰か?)
有限会社ブレーントラスト、代表・料理家の小野美穂さん、相談役・アートディレクターの大瀧政喜さんです。ベジドレは野菜が大好きになる魔法のドレッシングです。「お家で食べるごはんは大事です。それを充実させるお手伝いができたらいいと思って、仕事をしています。」

有限会社ブレーントラスト、代表・料理家の小野美穂さん(写真右)、食品企画開発プロデューサーの大瀧政喜さん(同左)。「お家で食べるごはんは大事です。それを充実させるお手伝いができたらいいと思って、仕事をしています。

ファーマーへのお問合せ・出店情報などはこちら。

有限会社ブレーントラスト

http://wabisabi.ne.jp/index.html

【Story14】おわり


大見謝 恵(Orchids Omisha株式会社 代表取締役)

1987年生まれ、デロイト トーマツ(経営コンサルタント)→投資→現在。  会社を離れ、みんなで食卓を囲むことの、ありがたさ・大切さを改めて実感。【食】のもつポテンシャルに魅了され、関連分野を中心に投資をしている。また自身の体調不良をきっかけに(今は元気!)、”ナチュラルな食事”に興味をもつ。現在、ナチュラルな食事をもっと手軽に楽しめる世界を目指し、志を同じくする事業者の方を対象にサポートを行っている。  好きな言葉は、「常識はそれほど常識ではない」(by ボルテール)で、”まず自分の頭で考える”ことを大切にしている。趣味はヨガで、パワーヨガ系のバプティスト パワーヴィンヤサヨガがお気に入り。


➤ ORCHIDS Salonでは、ナチュラルな食事をもっと手軽に楽しんでほしいという志をお持ちの事業者の方を対象に、「商品開発」、「販売促進」、「実地研修、「パートナー@東京などのテーマで、サポートを行っています。詳細は、ORCHIDS Salonをご覧ください。

➤ “ナチュラル”、“オーガニック”、“自然栽培”などをテーマにした、マルシェに関する情報をご紹介しています。詳細は、マルシェ情報アーカイブをご覧ください。


Orchids Omisha 株式会社

http://www.orchids-omisha.com