【Story18】マルシェでは、“シズル感”を演出しよう?〈前編〉

株式会社湘南ぴゅあの平井三郎さん。

ORCHIDS Stories(オーキッズ・ストーリーズ)では、環境保全型農業の六次産業化・農商工連携を応援する目的で、ファーマーズ・マーケット(以下、「マルシェ」)の人気商品・ファーマーをご紹介しています。【Story18】は、1月23日(土)に「earth garden ”冬” 2016 新年会」(渋谷区神南)で出会った、株式会社湘南ぴゅあの平井三郎さんです。〈前編〉・〈後編〉に分けてお送りします。

ORCHIDS Storiesは、メルマガ「ORCHIDS Newsletter」(無料)でもお届けしています。


こんな商品をつくっています

湘南ぴゅあさんは、神奈川県平塚市で、農畜産物の開発・加工・販売を行っている。化学合成添加物を一切使用せずに、環境に配慮して手作りでつくられたハム・ソーセージは、安全で安心なのはもちろん、その美味しさに定評がある。今回ご紹介いただいたのは、「ぴゅあなハム・ソーセージ」のシリーズだ。

 

「ぴゅあなハム・ソーセージ」は、自家生産のブランド豚「湘南ぴゅあポーク」と産地指定豚「宮城田園ポーク」を使用したハム・ソーセージだ。「自然との共生」を企業理念とする同社では、餌は、トウモロコシを中心とした非遺伝子組み換えの配合飼料を使用し、ゆっくりと時間をかけて育てている。また、都市部の街路樹の剪定枝を、オガ粉にして豚舎に敷き詰めて活用するなど、衛生的で安全な飼育環境を実現している。

 

また、スモークの工程では、地元、津久井の間伐材を使った炭を熱源とし、山桜のスモークチップを使用するなど、里山の保全に配慮した商品づくりを大切にしている。もちろん、使用したオガ粉は、有機堆肥として再び田畑に戻すなど、環境循環型の食肉加工を行っている。



株式会社湘南ぴゅあの平井三郎さん。「ソーセージの盛り合わせ」昔ながらの直下式スモークによって、香ばしさの際立つソーセージとなる。

「ソーセージの盛り合わせ」昔ながらの直下式スモークによって、香ばしさの際立つソーセージとなる。



「ぴゅあなハム・ソーセージ」の最大の特徴の一つは、「乳酸菌発酵」によって“無添加”を実現している点だ。これは、食品添加物を用いずに、乳酸菌でお肉を発酵させることによって保存性を高めたもので(バイオプリザベーション)、「ぴゅあなハム・ソーセージ」は乳酸菌発酵によってつくられた、世界で初めてのハム・ソーセージだ。開発に20年を要したというこの技術により、「普通のハム(化学合成添加物使用)」と「無塩せきハム(発色剤不使用)」のジレンマにあった、保存性・発色・香りの問題を解決に導いた。このように、余分なものを添加せずに、塩(ミネラルハーヴェスト塩)、砂糖(有機栽培の洗双糖)・香辛料(残留農薬検査済みのもの)などの天然素材だけで仕上げたハム・ソーセージは、豚肉本来の自然な味わいを楽しむことができる。



株式会社湘南ぴゅあの平井三郎さん。つくる工程や、豚舎の様子が掲示されている。ちなみに、「湘南ぴゅあポーク」は中ヨークシャー種の交配種で、豚肉の全流通量の0.1%程度と、大変貴重な品種だ。豚肉特有の臭みが無く、深みのある味わいが特徴だ。

つくる工程や、豚舎の様子が掲示されている。ちなみに、「湘南ぴゅあポーク」は中ヨークシャー種の交配種で、豚肉の全流通量の0.1%程度と、大変貴重な品種だ。豚肉特有の臭みが無く、深みのある味わいが特徴だ。

株式会社湘南ぴゅあの平井三郎さん。「普通のハム」、「無塩漬(せき)ハム」、「ぴゅあハム」の特徴のちがいが、分かりやすく解説されている。「ぴゅあハム」では、亜硝酸などを一切使用していない。

「普通のハム」、「無塩漬(せき)ハム」、「ぴゅあハム」の特徴のちがいが、分かりやすく解説されている。「ぴゅあハム」では、亜硝酸などを一切使用していない。




ここをお客さんに喜んでもらっています

美味しくて、安全なところが、お客さんからは特に喜ばれているという。さらには、上述の通り、“無添加”の先、つまり環境に配慮した商品づくりを行っている点が、“エシカル消費(環境や社会に配慮した製品やサービスを選んで消費すること)”を志向するお客さんから支持されているということだ。実際、孫に食べさせるために購入する人や、「ぴゅあハムなら大丈夫だよね」と言って立ち寄る人がいるなど、ブランドの浸透度は高い。「ぴゅあハム」は、「安全」、「美味しい」の代名詞のようだ。



株式会社湘南ぴゅあの平井三郎さん。「現状は、通過点に過ぎないと思っています。今後も新しいテーマに挑戦していくので、ぜひ見ていてほしいと思います。」

株式会社湘南ぴゅあの平井三郎さん。「現状は、通過点に過ぎないと思っています。今後も新しいテーマに挑戦していくので、ぜひ見ていてほしいと思います。」



ファーマーへのお問合せ・出店情報などはこちら。

株式会社湘南ぴゅあ

http://www.pureham.com



〈後編〉へ続く


大見謝 恵(Orchids Omisha株式会社 代表取締役)

1987年生まれ、デロイト トーマツ(経営コンサルタント)→投資→現在。  会社を離れ、みんなで食卓を囲むことの、ありがたさ・大切さを改めて実感。【食】のもつポテンシャルに魅了され、関連分野を中心に投資をしている。また自身の体調不良をきっかけに(今は元気!)、”ナチュラルな食事”に興味をもつ。現在、ナチュラルな食事をもっと手軽に楽しめる世界を目指し、志を同じくする事業者の方を対象にサポートを行っている。  好きな言葉は、「常識はそれほど常識ではない」(by ボルテール)で、”まず自分の頭で考える”ことを大切にしている。趣味はヨガで、パワーヨガ系のバプティスト パワーヴィンヤサヨガがお気に入り。


➤ ORCHIDS Salonでは、ナチュラルな食事をもっと手軽に楽しんでほしいという志をお持ちの事業者の方を対象に、「商品開発」、「販売促進」、「実地研修、「パートナー@東京などのテーマで、サポートを行っています。詳細は、ORCHIDS Salonをご覧ください。

➤ “ナチュラル”、“オーガニック”、“自然栽培”などをテーマにした、マルシェに関する情報をご紹介しています。詳細は、マルシェ情報アーカイブをご覧ください。




Orchids Omisha 株式会社

http://www.orchids-omisha.com